「温故知新」とは、古い事柄を大切にし、新しい事柄に取り組んでいく、ということだろう。

生きていると、ついつい現状に温存しがちで、その方が居心地が良いものだ。
だが、ふと気付くとその状況がアッと言う間に過ぎ去り、振り返ると10年経っていた、なんてこともある。
怖いのは、そこに甘んじて、先へ向けての努力をしないことだ。

「今までがこうだったから、これでいい」と言っているようでは、間違いなく未来は破たんする。
自分の年齢だけは嫌が応でも変化しているのだから、己の中身もそれに見合った変化・進化をしていかなければならないのだ。

どんなに周囲や時代に抗おうが、こればかりはどうにもならないうえに、逃げても変化していくことは待ってくれないし、容赦なく進行する。

全ての事柄についていけなくても、自分が成すべきこと、変化しなければならないことくらいは腹を据えて取り組んでいかなければならない…と、周囲の歳を経た方達を見ていると、しみじみ思わされた