過ぎたるは及ばざるがことし1のつづき。

ニュースで、ハムやソーセージに発がん性物質が入っている、というのがあった。
1日50gを毎日食べ続けると、がんを発生する恐れがある、というものだ。

この手のニュースって、いつも思うが、何がしかのタイミングで必ず出てくる。
そもそも、生の食材を加工する時点で添加物が入っているのは誰でも想像出来ることだし、昔から添加物の問題はず~~っと語られ続けている。

何を今さら…感は拭えないが、どんな食材であろうが、食べ過ぎれば害にしかならない。
どんなに身体に良いと言われるものでも、だ。

添加物がない頃は、食材が腐って、その菌で病気になっていた時代だってある。
今はよっぽどのことがない限り、食あたりや重病になることもない。

添加物の入ったものであろうが、自然のものであろうが、適量をありがたくいただく心持が、何より大切なのだ