大手建設会社が建築したマンションの杭の改ざんで、大金をはたいて買ったマンションが傾いたというニュースを見た。
信頼出来る会社だから、と思って購入者は買うわけだが、その信頼をマンマと裏切った結果となった。

だが、よく考えてみよう。
どんなに大手であろうが、良い建築をしている会社であろうが、そもそもズブズブの地盤に建ったマンションを買う、というそのこと自体に疑問を感じないのだろうか?

埋立地は、つまりは海の中だ。
海に限らず、沼地や湿地帯であったり、坂の途中だったりと、元のことを何も知らずに、調べずに、よく買うよな~というのが個人的な感想だ。

私が住む区にも、曰くつきの土地と、そうでない土地がある。
昔から住んでいる人なら知っていることでも、新参者は知らずにそこに住む。
だが、冷静な目で判断すれば、そこは人が住んで良い場所かどうかの見極めくらいはつくはずだ。

土地家屋が高い首都圏だから、少々のことには目を瞑らなければならないのかもしれないが、目先の煌びやかさだけに心を奪われていると、必ずと言っていいほど痛い目に遭う。

いつの世にも自分の目で確かめず、世間の風潮に流されて「さんざんな目に遭った」という人は後を絶たない