「女性の社会進出」妨害する日本の悪習の正体は男尊女卑の風習が根深いからだと思う。

女性の社会進出が叫ばれるようになるまでの日本は、男は外で稼ぎ、女は家を守る、が定番だった。

幼い子供であれば母親に甘えたいから、家に居てくれることは安心でもあったし、母親も我が子の成長を間近で見届けられることに幸せを感じる人も多かっただろう。

だが、それは果たして女性だけだろうか?
女性は出産するから、一層その思いが顕著ではあるものの、女性であっても我が子を愛せない母親もいるし、男性であっても母親以上の愛情で子育てをする者もいる。

つまりは子育ても特性なのではないかと個人的には感じている。
とはいえ、長年培われた日本の男尊女卑文化がそれを阻む。男は稼ぐ、女は守る、という構図がいつまで経っても亡霊のように付きまとっている。

この記事にあるように、出産後の職場復帰でよくあることが「発熱による保育園からの呼び出し」だ。
この際呼び出されるのは必ずと言っていいほど母親であり、父親が呼び出されることはない。
夫婦で話し合って行けるほうが行く、という家庭は稀だろう。

知り合いに、子供が母親にしか懐かず、父親では面倒をみれないから、仕方なく母親が対応する人がいる。だが、これは夫婦での話し合いと協力体制が出来ていないからだ。

どんなに子供がぐずろうが泣き叫ぼうが、両親共に懐く状況を作らない限り、いつまで経っても父親が積極的に子育てに参加することはないだろう。
そして、父親の仕事が多忙であることを言い訳に、結局母親だけにしわ寄せが増える結果となる。

女性の賃金が上がらないのも納得いかないが、男性のように上がり切ったところから下降するよりは、変わらず同じ程度をもらえるというのは、考え方を変えれば乱下向がない分安定しているとも取れる。とはいえ、男性のような収入を得ることは現実的には有り得ないのもまた現実だ。

女性が子供を産む限り、いつまでも現状は変わらないのだろうか…。
昔ある女優が言っていたが「玉子で子供産みたい」というその思い、分かる気がする。