コロナ感染者は、緊急事態宣言が出ていた頃より増えている。
春と違うのは若者の感染者が多く、今のところ重症患者が少ない、ということだ。

日本人が、いや人類が初めて罹患したこのウイルスとの付き合い方は未知過ぎるため、何が正解かは誰にも分らない。
確かなことは、国が指定する感染症である、ということだ。

感染力はインフルエンザよりもはるかに強く、若いから重症化しないという定説も覆されているし、一度体内に取り込まれたウイルスは、はしかウイルスのように、免疫力が落ちれば再び顔を出すという厄介なものでもある。

特効薬、ワクチンも今のところないから、対処療法に頼らざるを得ない、あとは自身の免疫力の高さ次第ということになる。

文明が発達し衛生的になったことから、ウイルスや菌に対する抗体が落ちた、という見方もある。
そもそも人間の体内にも善玉菌や悪玉菌が存在し、そのバランス加減で体調の調、不調が決まる。

腸内環境のバランスを整えれば免疫力が高まるというが、コロナウイルスには更なる一手が必要かもしれない。

ウイルスも生き残りに必死だ。