東京を始め、地方でもコロナ感染は増加の一途だ。
沖縄の離島でもとうとう感染者が出てしまったし、これまで感染者ゼロの岩手も第1号が出てしまった。

地方では感染者が少ないから、その行動履歴がつぶさに日本全国に報道され、本人はさぞやいたたまれないだろうな、と推察する。

日本のPCR検査は人口比での実施数は世界159位だそうだ。
えええーーーー!!!と、驚きでしかない。

恐らく3月頃の感染者数が少なかったのは、ただ単に検査が出来なかったからであり、現在も検査数は増えているとはいえ、それでも世界から見たら圧倒的に少ないのだ。
ということは、隠れ感染者はもっといる、ということだ。

こうなったら、朝、晩の検温と同様に、朝、晩PCR検査が簡単に出来ることが肝要だ。

世田谷区では区民全員に「いつでも、どこでも、何度でも」検査を無料で実施することを発表した。
区単位で出来ることが、なぜ国は出来ないのだろう。

休業要請のために持続化給付金をばらまくより、PCR検査をくまなくやって、感染者は即隔離し、健康な人で経済を回したほうが建設的だと思うのだが…。

GoToトラベルだって、朝晩のPCR検査が可能になれば、安心してどこにでも行ける、というものだ。

まずは「検査をする」そのうえで「選別をする」。
そんなシンプルな仕組みをなぜ国は作れないのだろう。

進化するウイスルにワクチンは有効ではない可能性が高いのだから、そこにかけるお金を検査に回せば良いのに。
あ、そうそう、アベノマスクもね、ドブに捨てる金があるなら、PCR検査だろ!!