日本の幽霊の寿命は400年!?証拠に「関ヶ原近辺で目撃される落ち武者の霊が激減」…衝撃のツイートが話題を読んだ。

上記によると、人は肉体を離れて400年経つと、そこからいなくなるのか?魂が昇天するのか?いずれにしても、存在しなくなるようだ。

我が家は母方が若干の霊感があるため、昔から曰く付きの所に行くと、霊に付いて来られたり、見えたりする。

私もその血を受け継いでおり、時々見えない方々と遭遇することがある。子供の頃は怖いと思っていたが、今は生身の人間のほうが怖いので、そうでもなくなった。

私の父が亡くなったのが今から6年前だが、亡くなる1か月前に救急搬送された際、まだ生きていたが、魂は身体から抜け出て我が家に帰宅し、私に付いて回って「何で俺は病院にいるんだ?」としつこく聞かれた。

あんまりしつこいので「早く病院に戻らないと、そのままあの世逝きだよ」と説明すると「いっぱいお茶を飲ませてくれ」と言うので、湯呑に並々とお茶を注ぎ、父がいつも座っているテーブルに置くと、ほどなくして魂はいなくなった。

亡くなってからは、ほぼ1年間毎日のように我が家にいた。
生前から超食いしん坊だったことから、あれ食べたい、これ食べたいと注文があり、その度にせっせと供え物をした。

2年目から少しずつやってくる頻度が減り、3年目を迎えたある日、朝方夢枕に立ち「今まで引越さないでくれてありがとう。俺もうあっちに行くから」と言った。

その言葉通り、4年目以降はそれまでのように俗世っぽい雰囲気で出てくることは無くなった。

ということは!?人は亡くなって3年間は、こちらの世界とあの世を行き来しているのかも?と思わされた。

その後は、遺影を見れば何を言いたいかが分かるようになったので、恐らく?めでたく昇天された様子。

あの世のことや、霊(みたま)のことは、目に見えない世界のことなので、いい加減なことは言えないが、これは私が実際に体験した話だ。

信じるか信じないかはあなた次第!(ってことで)。