吉村知事!イソジンがコロナ重症化を減らす?症状を改善ではなく物理的消毒により唾液中のウイルス量を減らして他人への感染を防ぐのならあり?で、世の中が混乱している。

イソジンなどでおなじみの、ポピドンヨードうがい薬が、コロナ感染者の症状緩和に役立っていると、昨日、大阪の吉村知事が会見した。

と同時に関連のうがい薬がドラッグストアから瞬く間に買い占められ、さっそくネットで数倍の値段で転売されているそうだ。
マスクや消毒液の時もそうだが、こういうのって後を絶たないな~~と、呆れ果てて何も言えねぇ~!

これに対し、臨床数が少ないから安易に発表するな、と国はオカンムリの様子。

だが、冷静に考えて、風邪をひけばうがいをするわけで、うがい薬でコロナウイルスも軽減出来た事実がまだ少数だとしても、試してみる価値はあるだろう。

マスコミで発表されると、我先にと商品を買い漁る気持ちは分からないでもないが、もう少し冷静になった方が良い。

そもそも規則正しい生活をし、必要な栄養を摂り、適度な運動をしていれば、感染したとしても重症化しにくいし、感染率も低いのだ。

見えないウイルスと、それを取り巻く情報に私達は振り回され過ぎだ。
毎度言っていることだが、俯瞰した目で状況を見て、自分の頭で考え行動すること。
それが何よりも大切なことだ。

うがい薬も有効だろうが、塩水でうがいする、こっちのほうがよっぽど有効だったりして…「灯台下暗し」だ。