前世|今世|未来へ

今感じていること、成していることが未来を作っています。
今は、過去、前世から継がれたことでもあると感じています。
前世、今世、未来に向けて、日々感じたこと、そこから起きている事柄を綴っています。

カテゴリ: > 小浜島

小浜島3のつづき。

今日掲載する写真は、2013年に小浜島に行った時、帰りのフェリーから撮ったものだ。
小浜島から去るのが名残惜しくて、フェリーから島を撮っていた。

すると、上空に何やらフシギな雲が出ている。
レンズ越しによくよく眺めてみると、「これって、龍の顔?」と思えるような雲が出ていた。

大きな瞳がジッと見つめているように感じる。
石垣島に向かう船をずっと見送ってくれているようにも思う。
「また来なさいよ~」と言ってくれてるのかな?と、勝手に良い妄想をしてしまったほどだ。

おかげで、2年越しではあったが、今回再び小浜島に行くことが出来た。
次回は、ぜひともゆっくり滞在を楽しみたいと思う

小浜島4

小浜島2のつづき。

小浜島でのランチは、ホテル「はいむるぶし」で石垣牛バンバーグステーキ定食をいただいた。
もう少し時間があれば、集落を散策しながら地元のお店に入りたかったが、時間の制約があったのと、レンタカーを借りていたので、車を置く場所もないため、ホテルでのランチにした。

はいむるぶしは、泊まったことはないが、以前にもお茶をしに立ち寄ったことがある。
まさにリゾートホテルで、のんびりまったり出来る。
宿泊客でなくても歓迎してくれるので、小浜島に行くとつい寄ってしまう。

石垣牛を食べるなら、やはり八重山諸島で食べることをオススメする。
地産地消ではないが、地元の食材をいただくことは新鮮なうえに、身体にも良いし、何よりリーズナブルだ。
沖縄本島で石垣牛を食べるとなると、それなりに良いお値段だが、八重山諸島なら私にも手が出るほどだ。

会社勤めでは慌ただしくいただくお昼も、ここではリラックスして、ゆっくり味わえる。何とも至福な時間だ

小浜島3

小浜島1のつづき。

小浜島で一番高い山、大岳(うふだき)・標高99メートルに登った。
以前来た時は、遊歩道も整備されていたが、今夏の台風のせいか、かなり道が荒れていた。
土砂で荒れた小道を上ると、展望台に続く階段が見えた。それは頑丈に作られていたので、何とか登ることが出来た。

無事山頂に到着したものの、展望台が台風によってか?壊れていて、周囲にロープが張られ、展望台の手前からしか景色を堪能することが出来なかった。

それでも、やはり山頂からの景色は素晴らしい。
遮るものが何もない場所とは、これほどまでに晴れ晴れするものか…と、しばしタソガレてしまったほどだ。

大きな台風が来ると、島のあちこちにダメージが発生し、なかなか復旧出来ていない現状。
島の方たちの苦労を思わずにはいられなかったが、それでも変わらぬ美しいその姿を見せてくれた小浜島に感謝!だ

小浜島2

今回の旅では、小浜島と竹富島にも行った。小浜島は今回で2回目の訪問だ。

この島が有名になったのは、2001年に放送された、NHKの朝ドラ「ちゅらさん」だ。
主人公一家が住む家が小浜島にあり、実際モデルとなった家屋が今も存在する。

朝ドラだけに留まらず、その後もスペシャル番組が何回も制作されるほどの人気ドラマだ。
主人公だったエリー役の女優さんも、今やママとなっている。

年月の速さを感じずにはいられないが、この島は変わらないな~と、ドラマ「ちゅらさん」の世界が瞬時にして蘇ることを思うと、島時間には魔法がかけられているのでは?と思うほどだ。

しばしドラマの世界に浸りつつ、美しい小浜島を堪能した

小浜島1

このページのトップヘ