前世|今世|未来へ

今感じていること、成していることが未来を作っています。
今は、過去、前世から継がれたことでもあると感じています。
前世、今世、未来に向けて、日々感じたこと、そこから起きている事柄を綴っています。

カテゴリ:今世 > 守るべきもの

北朝鮮が今後取り得る選択肢-南北共同連絡事務所の爆破後の動向が気になる。

南北朝鮮の調整の場である本事務所を爆破するとは…建物は2018年建造とようやく2年経ったばかりだ。
そんな貴重な場所と建物を木っ端みじんに破壊するほど、北朝鮮は怒っていると報道されている。

原因は韓国に在住する脱北者団体が政権批判のビラを撒いたこととされているが、これは表向きであって、内情は北朝鮮の切羽詰まった情勢にあると想像する。

最近では一番の指導者は姿を見せず、その妹が表立っているところを見ると、何か重大な事が起きたことは、誰の目にも明らかだ。

それでなくても内情は火の車であり、コロナ対策は他国のような手も打てず、中国との国境も封鎖されていることから、国民は日々の食事にも事欠いているのではないだろうか。

乱心者にありがちな行為として、最終的に自虐行為に走るというものがある。
未来の自滅が確信に変わった時、他者を巻き込んでやる、というものだ。

この乱心を発端に、なりふり構わず周辺諸国を撒き沿いにするのではないかと危惧している。
世界を巻き込んだ悲劇が起きないことを祈るばかりだ。

さいたま小4男児殺害 父親を死体遺棄で逮捕、大宮東署に移送へは、想像通りの展開になってしまった。

この事件の一報を聞いた時、10歳年下の無職の父親が家にいて、帰宅した息子が塾にも行っておらず、遺体で発見された、ということだけで、犯人は父親だろうな、と思った。
誰が見ても状況証拠が揃い過ぎており、シンプルに考えれば答えはそこにしか辿り着かない。

父親が逮捕されると、それは母親の再婚相手だという報道がされた。母親はシングルマザーで、10歳も下のヒモのような男と再婚したことになる。再婚時には働いていたかもしれないが、現状はヒモだ。

母親も女手ひとつで子供を育て、学校の教師という仕事もしている。
時には息抜きもしたいし、男性にだって甘えたい時もあるだろう。
だが、よりにもよってそんな男を掴まなくてもよさそうなものだが…。

昨今、シングルマザーはダメ男の恰好の餌食となっている。
女手ひとつで子供を育てるだけの気概のある女性なら、ダメ男が寄生するにはもってこいだ。
厳しい日常で、甘い言葉を囁かれば、シンママもコロッと行くことをダメ男は良く分かっているのだ。

子供の虐待も再婚相手によるものが多いし、死に至るケースも多発している。
ダメ男にとって再婚相手の子供は邪魔なだけの存在だ。

シンママだって好き好んでそんな境遇になったわけではないだろうが、想像以上にそれを逆手に取り、悪用しようとしているダメ男が世間には多くいることを肝に銘じなければならない。

辛い日常から脱したくて男に逃げれば、より以上の不幸が襲ってくるのが物事の法則だ。
どんなに辛くても、自身の足で立ち、生きることを手放してはいけないのだ。

ダメ男の手にかかる不幸な子供がいなくなることを祈るばかりだ。

台風15号直撃 8日(日)夜は関東広域で冠水のおそれに気を付けたい。

明日から関東は台風の備えが必要となる。
長年東京に住んでいるが、これまでも何度となく冠水は経験してきた。

東京は坂が多い街だ。平坦な場所のほうが少ないことから、低い土地は冠水しやすい。
駅構内にも水は入ってくるし、建物内でもなぜか天井から雨水が漏れてくる。
冠水すれば道路は封鎖されるし、電車だって止まる。

日曜の深夜から月曜の朝にかけて暴風雨に見舞われることを思うと、明日の午後からは不急不要な外出は控えたほうが良さそうだ。

外に置いてある自転車や植木鉢なども屋内に入れたほうが良いだろう。
風で飛ばされて、他者を傷付けるようなことがあっては大変だ。

月曜の朝は電車が止まるかもしれない。無理に通勤、通学しないほうが良いこともある。
日本人は真面目だから、こういう時に限って張り切って行きたがる人が多いが、その無謀な行動が思わぬ2次災害を生むことだってあるのだ。

自然災害を避けることは出来ないかもしれないが、減災する努力は必要だし、それが身を守ることにも繋がる。
共々に減災に努めていきましょう。

「森のくまさん」に歌詞を付け足したとして訴えられていた件は、慰謝料?を支払って円満解決したそうだ。
お笑い芸人が作ったこの曲が話題となり、元の歌詞を作った作詞家としては面白くなかったのだろう。

人として、「俺にもいくらか払え!」などといった、ゲスな根性で訴えたわけではないだろうが、結果的にはそういうことになった。

最近では、音楽教室で歌ったり弾いたりする曲にも使用料を取るという報道がされた。
私が習う三線の楽譜にも使用料が混みになっているから、この楽譜は大丈夫と先生に聞いていたのだが、何ともせちがらい世の中だな~~と思わされる。

一般大衆が読むもの、聴くもの、演奏するもの、歌うもの…等々、すべてに著作権が発生する。
作った人は、利用者から使用料を取るわけで、それはそれで理に適っているとは思うが、何でもかんでも使用料を取るとなると、他人の作ったものを使うのをためらうことになる。

一般大衆の中で広がるものは、ある種大衆遺産と言ってもいいだろう。
大衆が「素晴らしい!」と感じたからこそ、それらが広がるのだから、それを広げてあげた大衆に向けて、何がしかの還元をしても良いのでは?とも思う。

作者の権利を守ることも大切だが、もう少し融通の利いた制度にはならないものだろうか

来週行われる伊勢・志摩サミットの影響で、都内も警備が厳重になっている。

殊に、アメリカ大使館の周辺は物々しい雰囲気で、半径1キロ以内ほどは警官が要所要所に立っている。
その姿を目にすると、こちらまで緊張感が伝わってくる。

今日は、大使館にお偉いさんが来るせいなのか?交差点の角々にいる警官を目にすると、このサミットの影響力の深さを思わされる。

サミットの後には、オバマ大統領が広島を訪問する影響もあって、アメリカ大使館付近は厳重警戒区域になっているのだろう。

私が住む下町も、いつにも増して警邏の印象が深い。
駅には、民間のガードマンまで配する厳重ぶりだ。

だが、下町の警官からは緊張感を見いだせなかった。
制服のズボンからはみ出たお肉、自転車に乗って同僚と談義しながらの警邏は、ただの徘徊だ。
おいおい、もっと緊張感持って警邏しろよ!

いずれにしても、サミットも広島訪問も、何事もなく無事に終わって、各国関係者の方がお帰りになることを祈るばかりだ

浅田真央ちゃんがフィギュアスケートの大会に復帰した。
幼い頃からずっとスケートに精進し、ひたすら己の高みを目指しながら頑張ってきた。
その姿は、誰が見ても頷けるし、彼女の真摯な姿を見れば自然と応援する気持ちが湧いてくる。

ソチオリンピックでのフリーの演技は、世界中の人達の魂を揺さぶった。
夜中に生放送を観戦したが、自然と涙が溢れてきた。
あれほどの演技を達成したのだから、1年休んで大正解だ。

中には大人の事情で心無いことを言う人達もいるが、選手だって人間だ。
ロボットではないのだから、感情だってあるし、いくら好きなことでも続けられないことだってある。
良い面も弱い面も、全てひっくるめて応援するのがファンの心得だと私は思っている。

この1年の休養で、今まで見たことのない世界を多く堪能し、更に大きく成長した真央ちゃんの演技を見れるのが楽しみだ。ファンとしても、心して応援したいと思う

土曜日に11時間ぶっ通しの音楽番組が放送されていた。
昼の12時から始まり、何気なくテレビを点けると、昭和の時代にアイドルだった人や、ヒット曲を連発した方々が次々出てくるではないか!思わずかぶりつきで見入ってしまった。

だが、それも夜になると徐々に現在の人気アーティスト達にスイッチし出しだ。
そりゃ、そうだよな~~、半日以上も昭和のヒット曲オンパレードってわけにはいかないよな~~と、自分に言い聞かせる。

自分が歳を取ったせいなのか、最近の歌には心を揺さぶられない。
音と歌詞の数が合っていないのが一番の違和感なのだが、歌に心がないんだよな~とか、ちょっとウザったいことを言ってみる。

年数を経ても昭和の歌手に需要があるのは、それだけ多くの人が心揺り動かされている証拠だろう。
子供の頃に聞き、夢膨らませていた頃の歌は、今でも心から消えることはないのだ。
ということで、さっそく昭和のCDをお取り寄せしてしまった。
やっぱり、昭和は良かった…などと回顧している

電車内で、私の前に二人の若い男女が座っていた。
女性は20代中頃で何ともかわいらしく、控えめな感じの子だった。
隣に座る男性は20代後半くらいで、こちらも好青年風だった。

お互い、はにかみながらゆっくり会話をしている。
どちらかが自分の言いたいことだけを言うのではなく、相手の言葉を聞いて、それを噛みしめてから次の言葉を紡いでいるのだ。

何ともほのぼのして、いい感じだな~と思った。
こういう初々しさを忘れないでいられれば、世の中のカップルは永遠に幸せなんだろう、とも。

だが、現実はなかなかそうもいかない。
ずいぶんと図々しいおばちゃんになった自分を振り返りつつ、目の前のカップルに微笑まずにはいられなかった

明日はバレンタインデーだ。
デパートではチョコレート売り場の特設会場が出来ていて、普段お目にかからない高級チョコレートを愛でることが出来る。

人にあげるにはもちろん良い商品をあげたいと思うが、自分が食べる分にはおいしいのは大前提だが、見栄えが悪くても構わない。いわゆる割れチョコ(訳アリ品)というやつを購入している。

ダーク、ミルク、ホワイト、いちご、抹茶等々、濃厚なチョコレートが福袋のように一つの袋にたくさん入っているものだ。形は不揃いだが、いろんな味が楽しめて、しかもおいしい。

1日の終わりにこのチョコレートを食べる時の幸せったら!
いつ食べてもおいしい、うれしい、楽しい!気持ちになれるのだ

年末年始は飲み会などの行事が多くなり、普段あまり口にしない珍しい料理や、自分では作らない料理、日本各地、世界中の貴重なお酒などを頂く機会が増える。
それプラス、仲間との談笑やバカ話に花が咲き、これまた普段ではあまり出さないテンションで気分もアゲアゲになり易い。

一人での食事も悪くはないが、大勢の人や家族と食べることは、楽しかったり、苦々しいこともあったり、新たな発見があったり、自分では好まないものを食することがあったりと、一人では予期出来ないことが起きるものだ。

人生は一人では生きていけないように、食事も一人で採るよりも、多くの人と分かち合うことが、人としての本来の在り方なのかもしれない。
その方が、身も心も真の意味で満腹感があるのだろう

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

お正月を迎え、心身共に新たな気持ちです。
清々しい日には、それに相応しい所作や形式が良く似合います。

それは、神事であったり、家庭ではおせち料理をお重箱に詰めて、家族で新年を祝うことであったりもします。
形式に捕らわれることはありませんが、その家庭独自の形を整えることは、1年の始めを寿ぐには最適な事柄だと思うのです。

お正月に係わらず、気を引き締め、新たな心持ちで事に当たる時には、形式から入るやり方は有効でしょう。
礼に始まり、礼に終わる日本の文化、改めてお正月という行事から思い出させてくれました

大晦日の夜、やっぱり観てしまう、紅白歌合戦。
今年は「みんなで歌おう」というコンセプトのためか、老若男女多くの出演者もステージに出ずっぱり、審査員も客席も多くの方達がノリノリだ。

毎年なんだかんだと物議を醸している番組ではあるが、生まれた時からある番組のせいか、大晦日になると、ついチャンネルを合わせてしまう。

男女平等と言われている昨今において、紅白(男女)に別れて歌合戦をして、最終的には勝ち負けを決めるわけで、昭和の大きな遺産だと言っても過言ではないだろう。
そのうち、文化遺産になったりして?

いずれにしても、日本は平和だ。
1年の締めくくりに紅白歌合戦を観て、楽しい夜を過ごし、除夜の鐘を聞いて眠りにつけるのだから


今年もブログをお読みいただき、ありがとうございました。
来年がみなさまにとって佳き1年となりますように、お祈りいたします

年末の慌ただしい街並みは、クリスマスムード一色で、夜のイルミネーション等は何とも美しいものだ。
一年で夜が一番賑やかな時だろう。

若い頃はそんな喧騒に身を置き、オシャレをしてこじゃれたレストランで食事をしたりするのが楽しかったものだが、この頃では、静かな場所で気の合った仲間と、もしくは一人でゆっくり、じっくり流れる時間を楽しむことに面白みを感じたりもする。

都会にいると、静かな時間なんてあるのかと思うが、案外住宅街はひっそりしていたりする。
冬の空は澄んでいるから星も見えるし、ご近所の庭からは緑豊かな香が漂ってくるし、朝には鳥のさえずりも聞こえてくる。

時には五感を澄まし、自然の音や匂いを愛でるのもまた一興だ

帰りの電車で、私の前に20代前半とおぼしき男性がスマホをいじりながら座っていた。
車内は空いていたが、次の駅に着くと、結構人が乗ってきた。

座っていた席がシルバーシートだったこともあるのだが、その若者は乗ってきた初老の男性に気付くと、自分の隣が空いているにも関わらず、その男性に席を譲った。
その後、空いてる席に座るのかと思いきや、友達が座っている側へ行き、またスマホをいじっていた。

席を譲る時、ちょっと照れたような表情をしたその若者に好感を持った。
見た目は、いまどきのちょっとチャラ男っぽい風情で、どちらかといえばイケメンの部類だ。
横着に座っていそうにも見えなくもないが、案外ピュアなんだな、と微笑ましく思った。

普段はイケメンぶっている若者が、想像以上に優しい姿を見せた時、やっぱり女性はズキュン!と胸を打たれてしまうのだ。
イイ男は、やっぱり何をしてもイイ男なのかも

玄米ごはん1のつづき

玄米ごはんに変えてから2週間が経った。
そのせいか、お腹周りがスッキリしてきた。

もともと便通は良いのだが、なぜかぽっちゃり体質で、お腹も中年太りなのか、なんとかごまかしていたような感じだったが、このまま放置すれば、間違いなく樽腹になっていたことだろう。

玄米にはフィチン酸という物質が多く含まれており、有害物質を体外へ排出する働きがあるそうだ。
白米ならば毎日30品目を食べなければならないのだが、玄米なら一汁一菜で十分なのだとか。

栄養価も高く、身体をキレイにしてくれるなんて、スゴイ食品だ。
これからも食べ続けて、また成果を報告したいと思う

このページのトップヘ