前世|今世|未来へ

今感じていること、成していることが未来を作っています。
今は、過去、前世から継がれたことでもあると感じています。
前世、今世、未来に向けて、日々感じたこと、そこから起きている事柄を綴っています。

カテゴリ: > 乗り物

再びネットの繋がらない所にいたので、更新が出来ませんでしたm(_ _)m

私は乗り物の中でも、特に飛行機が好きだ。
飛行機に初めて乗ったのは4才の時だが、その時のインパクトが大きすぎて、未だに飛行機に乗る時はワクワクしてしまう。

滑走路からフワン!と宙に浮いた瞬間、そのまま高度を上げていく様や、雲を突き抜け青空一面の世界が開ける時、どの光景も毎回違うし飽きない。
大自然のありのままの雄大な姿を目に出来る場所のひとつが、飛行機の中だからだ。

地上にいると決して見ることの出来ない空の世界。
それは、宙の世界と直結している。
そんな想像を巡らせると、宇宙と繋がっている自分を妄想してしまう。

青い空の中で、一人にまにましている

上空

帰りの飛行機に乗った時、窓から隣の飛行機が見えた。
よく見てみると、お食事中のようだ。
このような光景が見えることは珍しいだろうから、思わず写真を撮ってしまった(この時点では、まだ電子機器の電源はONでもOKだった)。
人間も栄養を採らないと元気に活躍できない。飛行機もしかりだ。

飛行機の燃料は、翼に貯蔵する箇所がある。
何百キロ、場所によっては何千キロ、何万キロも飛ぶだけの燃料を蓄える場所が翼だなんて、にわかには信じがたい。見た目は一番スマートに見える部分だからだ。

中身は満タンでも、見た目の姿は涼しい顔したスマートな翼、なんてカッコイイのだろう~

20140514ごはん中

二月に行けなかった沖縄のリベンジを、今日、明日で行うことにした。
春にしては珍しく空が澄んでいて、羽田から飛び立った飛行機の窓からは、美しすぎる富士山を見ることが出来た。

子供の頃歌った、「頭を雲の~上に置き~♪」の歌を思い出した。
だが、飛行機は富士山のさらに上を飛んでいる。時代だねぇ~なんて思ってしまった。

今日は古宇利島と今帰仁城に行った。
この話は、また明日!
でも、明日にはもう東京に帰っちゃうけどね~

富士山

このページのトップヘ